メニュー
健康情報
協和医院 > 健康情報
歯の健康を守りましょう

皆さんは日頃、歯の健康について意識していますか?6月4日~10日は、「歯と口の健康週間」です。
今回の健康情報では、虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を保つためのケアの方法などをご紹介いたします。

歯周病とは?

歯周病とは、細菌感染によって起こる炎症性疾患で、歯肉炎・歯槽膿漏の総称です。

■歯周病の症状

歯周病には、以下のような症状が見られます。進行すると、歯と歯肉の溝(歯周ポケット)が深くなり、歯を支える骨が溶け、歯がグラグラと動くようになります。結果、歯を失う主な原因とされています。

・歯がグラグラする

・歯茎が赤く腫れる

・歯茎から膿がでる

・歯茎がしみる

・歯茎から出血する

・歯石が溜まる

・口臭が気になる


健康な歯を保つためのお口のケア

歯周病や虫歯にならないためにも、日頃から以下のポイントに気をつけ、口の中を清潔に保つよう、心がけましょう。

<虫歯になりやすい場所>
■歯磨き

お口の清潔を保つには歯磨きが重要です。「食べたら磨く」習慣を身につけ、毎食後、歯磨きを行いましょう。細菌類がお口の中で繁殖しないようにすることが、虫歯・歯周病予防の基本となります。


■歯間ブラシやデンタルフロスの活用
歯と歯の間、歯と歯肉の境目に付いている歯垢や食べかすは、歯ブラシだけでは取れにくい場合があります。そんな時は、歯間ブラシやデンタルフロスなどの用具を活用し、しっかり汚れを落としましょう。
■定期的な歯医者の受診

自分では取り除くことが難しい歯垢や歯石を除去するためには、歯のクリーニングが必要です。お口のトラブルの早期発見・治療にも繋がるので、かかりつけの歯科医をもち、定期的にお口のケアを受けることも一つの方法です。



歯を丈夫にするための食生活

健康で丈夫な歯を保つためには、食事の習慣にも注意が必要です。以下にオススメの食材の例をご紹介いたします。

■歯の形成に不可欠なカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富にとれる食材

・サクラエビなどの魚介類

・干しシイタケなどのきのこ類

・海藻類

・乳製品

■歯のエナメル質を強化するビタミンAが豊富にとれる食材

・ニンジン

・かぼちゃ

・レバー

・うなぎ

■歯の象牙質の形成に必要なビタミンCが含まれる食材

・レモン

・キウイ

・みかん

・ブロッコリー

・ゴーヤなど

■口内の酸性化を抑える食材(唾液の分泌を促進し、間接的に口の中を清潔に保つ働き)

・梅干し

・酢の物など


■噛むことで唾液の分泌を促し、歯垢を付きにくくする効果のある食材

・繊維質の多い野菜など


■歯やあごの骨を鍛える食材

・せんべい

・煎り豆

・たくあん

・野菜など



いつまでも健康な歯を維持するためには、日頃からの歯のケアや食生活に気を付けることが大切です。
もし歯の異常を感じたら、放置しておかずに、すぐに歯医者を受診しましょう。


提供:メディアコンテンツファクトリー


Copyright(C) 2014 kyo-wa Clinic. All Rights Reserved.